訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションとは?

訪問リハビリテーションとは、住み慣れた自宅で長く過ごしていただくために、理学療法士・作業療法士が直接ご自宅へ訪問し、主治医の指示に基づきご自宅でリハビリテーションを受けていただくサービスです。
心身の機能や体力が低下された方、あるいは退院後もリハビリが必要な方を対象に、身体機能の維持・向上だけでなく、歩行や入浴、トイレ動作の練習など、日常生活の自立を助けるための働きかけを行います。
また、ご家族様に対する介助方法の提案や、介護リフォーム・福祉用具についてのアドバイス、利用者様お一人おひとりの身体能力に応じた運動指導も必要に応じて行います。

富田林訪問看護ステーションの訪問リハビリテーションの特徴

併設施設である済生会富田林病院と緊密に連携し情報を共有しているので入院中のリハビリの内容や経過を把握して自宅でのリハビリを行うことができることが特徴の一つです。
幅広い疾患のリハビリに対応していますがその中でも心臓リハビリテーション指導士の資格を持つスタッフを配属しており循環器疾患のリハビリについても富田林病院循環器内科と定期的なカンファレンス等で連携し積極的に実施していることも特徴です。
また「がんのリハビリテーション研修」を修了しているスタッフを4名(理学療法士3名・作業療法士1名)配属しており訪問看護師と連携し在宅で過ごすがん疾患の方のリハビリも積極的に実施しています。

在宅心臓リハビリテーションについて

在宅で心臓リハビリテーションを行う目的として主に①身体機能の回復 ②適切な運動量の設定 ③再発予防があります。
慢性心不全、心筋梗塞などの心臓の病気により低下した体力を運動の継続によって元の状態に戻したり、症状の軽減を行います。
また運動も過負荷になりすぎてもいけませんし、負荷が少なくてもいけないため運動量の調整を行います。
そして同じ病気での再入院をしないようにします。
一人一人の身体状況に応じて、運動を含めた生活習慣の見直しと改善を図り、病気に対する正しい知識を身につけていただきます。
また訪問看護師と連携し在宅で生活を送れるようにサポートを行います。
イメージ01

在宅がんリハビリテーションについて

当訪問看護ステーションでは緩和期の利用者様がほとんどです。
緩和期とは積極的な治療が受けられなくなった時期です。
この時期のリハビリは『生活の質を高く保てるように援助します』との目的があります。
具体的には病気だけに目を向けるのではなく、その人らしい生活を送れるよう、本人・家族を含めたリハビリ内容で行わせて頂きます。
もちろん緩和期だけでなく、予防・回復・維持といった時期にも利用者様一人一人に合わせたリハビリも行わせて頂いています。

スタッフ紹介 理学療法士4名 作業療法士1名

イメージ02

松田森(理学療法士):リハビリテーション科係長

主な資格取得
3学会合同呼吸療法士
心臓リハビリテーション指導士
ロコモコーディネーター
住環境コーディネーター2級
がんのリハビリテーション研修修了
介護予防推進リーダー
大阪府緩和ケア研修修了
学会発表等
第17回日本緩和医療学会学術集会(2012)
第12回日本クリニカルパス学会学術集会(2012)
第20回日本乳癌学会学術総会(2013)
第18回日本緩和医療学会学術集会(2013)
第13回日本クリニカルパス学会学術集会(2013)*学術集会賞受賞
第69回済生会学会(2017)
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会(2017)
第56回日本リハビリテーション医学会学術集会(2019)
メッセージ

スタッフ一丸となり、質の高い訪問リハビリテーションを提供していけるよう取り組んでいきます。

和正直人(理学療法士)

主な資格取得
がんのリハビリテーション研修修了
学会発表等
第69回済生会学会(2017)
第65回日本心臓病学会学術集会(2017)
メッセージ

住み慣れた自宅で生活をしていけるようリハビリテーションを提供していきます。
一緒に頑張りましょう。

橋本博史(作業療法士)

主な資格取得
がんのリハビリテーション研修終了
介護予防推進リーダー
地域ケア会議推進リーダー
学会発表等
リハビリテーション・ケア合同研究会(2010)
第26回 大阪府作業療法学会(2011)
第25回 近畿人間作業モデル事例検討会(2011)
第25回 近畿人間作業モデル事例検討会(2011)
第29回 日本作業行動学会学術集会(2019)
メッセージ

日常生活活動や余暇活動など、利用者一人一人に合った作業を提供できるよう、訪問看護スタッフの一員として取り組んでいきます。

野々村剛(理学療法士)

主な資格取得
福祉住環境コーディネーター2級
介護予防推進リーダー
地域ケア会議推進リーダー
学会発表等
奈良理学療法士学会(2010)
全国介護老人保健施設大会(2013)
メッセージ

皆様のよりよい人生・生活のため、目標をもったリハビリテーションを支援させて頂きます。
よろしくお願いいたします。

楠本好輝(理学療法士)

主な資格取得
福祉住環境コーディネーター2級
がんのリハビリテーション研修修了
メッセージ

より良い日常生活が送れるようリハビリテーションを提供させていただきます。